TOP > 製品紹介 > 高温水質計測システム Trend Chem > 概要  ★カタログのお申し込みは、こちらからどうぞ。
■電磁流量計
Metal Multi−Mag
<メタルマルチマグ>
Single-Mag
<シングルマグ>

■非接触型面速式流量計
Flo−Dar <フローダール>
■ポータブル電磁流速計
FH950
■超音波流量計
Compu-Flow (ドップラ式)
<コンプ・フロー>
■面速式流量計
Sigma 950
■電磁流速計
Model 2000
■き裂成長モニタ
CGM−7 / DCM−2
■高温水質計測システム
Trend Chem
<トレンドケム>
■接触電気抵抗モニタ
CER
■バルブ・調節機器
Plast-O-Matic社製品
(c)Nippon Hicon Co.,Ltd.
概 要 仕 様
 
 高温水質計測システム TrendChem <トレンドケム>
 


原子力発電の管理・研究においては、原子炉容器に接続された配管内の水質や金属劣化を把握することが
求められています。
温度を下げることなく冷却剤の水質や金属の劣化を計測できれば、より効率的なプロセスを実現することができます。
 
●特長
  • 高温高圧水中における金属材料の腐食電位ならびに水質のリアルタイム計測
  • 高耐久、長寿命の高温用センサ電極
  • 20年にわたる豊富な納入実績
  • 他のコルメット製品との併用が可能

VTT(フィンランド中央技術研究所)は、原子力発電所、研究所、プロセス工場等における20年以上の経験の中で、
300℃の水温にも耐えられる長寿命センサ電極の開発に成功しました。

コルメット社で開発されたTrendChem(トレンド・ケム)システムは、これらの高耐久性センサ電極の採用により、高温高圧時の水の化学特性をそのまま計測することができます。その結果、実際のオペレーション下におけるより正確なリサーチが可能となり、水化学分野に全く新しい領域を開きました。

本システムはプロセスの状況に合わせたその場計測データが得られるので、現場での腐食や放射性物質の蓄積をモニターするためだけではなく、パイロットプラントや研究所レベルの実験にも幅広く使用されています。
本体ユニットは、検出部に隣接して設置、パソコンとユニット間は、RS232接続時の場合は最長20m、RS485(オプション)接続の場合は200mまで離せます。

また、本システムならびに電極は、他のコルメット製品との組み合わせも可能ですので、測定セルとコンピュータを共用することによりシステム価格の低減を図れます

【用途例】
以下の例におけるリアルタイム検知
◆高温高圧水中の金属材料の腐食電位
◆処理水や冷却水のpH、レドックス電位、伝導度

(c)Nippon Hicon Co.,Ltd.











ブスコパン