TOP > 製品紹介 > 超音波流量計 Compu-Flow > 概要  ★カタログのお申し込みは、こちらからどうぞ。
■電磁流量計
Metal Multi−Mag
<メタルマルチマグ>
Single-Mag
<シングルマグ>

■非接触型面速式流量計
Flo−Dar <フローダール>
■ポータブル電磁流速計
FH950
■超音波流量計
Compu-Flow (ドップラ式)
<コンプ・フロー>
■面速式流量計
Sigma 950
■電磁流速計
Model 2000
■き裂成長モニタ
CGM−7 / DCM−2
■高温水質計測システム
Trend Chem
<トレンドケム>
■接触電気抵抗モニタ
CER
■バルブ・調節機器
Plast-O-Matic社製品
(c)Nippon Hicon Co.,Ltd.
概 要 仕 様
 
 超音波ドップラ式流量計 Compu-Flow
   
固定型 Model C6-F  ポータブル型 Model C6-P 

  ●特長
  • シンプルな操作 
    初期設定として配管径と流量単位を入力するだけで測定を開始します。
  • 小型・軽量
    変換器は、固定型・ポータブル型があり、共に軽量・小型です。
  • 大口径でもコスト一定
    最小25mm、最大2000mmまでの配管に設置できます。
  • センサの取付が簡単
    配管の外側にセンサを固定するだけで、流れを止めずにセンサの設置が可能です。
  • 配管内に流れを妨げるものがない
    配管の外側にセンサを設置するので圧力損失は全くありません。
  • 故障しにくい
    流体と完全に非接触で測定しますので、普段のメンテナンスは基本的に不要です。

超音波ドップラ式流量計 コンプ・フロー(Compu-Flow)
は、
配管内に送信した超音波の周波数と配管中の流れに混在する気泡や固形物に反射した周波数との差によって流体の平均流速を検知し、さらに配管断面積を乗じて流量を演算する流量計です。

時間差式の超音波流量計と異なり、気泡や固形物の混在した流体に適合しますので、主に汚水や返送汚泥、河川水、冷却水等の測定に使用されます。

【用途例】
工業用水、海水、河川水、生汚泥、返送汚泥、排水、パルプ液、その他スラッジ・スラリー液を含む水基準の流体。

(c)Nippon Hicon Co.,Ltd.











ゼニカル